夏油傑の闇落ち理由はなぜ?回避方法やしなかったらどうなった?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
※本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。
夏油傑の闇落ち理由はなぜ?回避方法やしなかったらどうなった? アニメ

呪詛師や呪霊を集めテログループを組織し、呪術テロ「百鬼夜行」を首謀した夏油傑。

かつては呪術高専の真面目な生徒で、「術師は非術師を守るためにある」という信念に基づいて呪霊討伐任務に励んでいました。

そんな夏油傑が闇落ちしてしまった理由について探っていきたいと思います。

そして視聴者の中には夏油傑が闇落ちしなかったらどうなったのか?そして回避方法などは無かったのかと考える人もいるのではないでしょうか。

ということで夏油傑の闇落ちについて以下のことを個人的に考えてみました。

  • 夏油傑の闇落ち理由はなぜ?
  • 夏油傑の闇落ち回避方法はある?
  • 夏油傑の闇落ちしなかったらどうなった?

ということを「夏油傑の闇落ち理由はなぜ?回避方法やしなかったらどうなった?」と題して個人的な見解で記事をお届けしていきます。

スポンサーリンク

夏油傑の闇落ち理由はなぜ?

夏油傑が闇落ちした理由は非術師に嫌悪感を抱いたからです。

夏油傑が闇落ちするに至った経緯は以下の通りです。

  • 盤星教(ばんせいきょう)信者の拍手
  • 九十九由基(つくもゆき)との会話
  • 田舎の村での術師虐待

では順番に夏油傑が闇落ちするに至った経緯を詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

夏油傑の闇落ち理由の盤星教信者たちの拍手とは?

夏油傑が非術師に嫌悪感を抱いたきっかけは、星漿体(せいしょうたい)護衛任務失敗でした。

星漿体とは、呪術界において重要な存在である「天元」に捧げられる生贄のような存在です。

夏油傑はこの星漿体(天内理子)を護衛する任務に就いていましたが、盤星教(ばんせいきょう)という宗教団体に雇われた禪院甚爾に天内理子を殺されてしまいました。

盤星教は神聖なる天元に星漿体を同化させる行為を穢れと見なし、それを阻止したかったのです。

結果、盤星教は同化を阻止することに成功。

この際に盤星教の信者達が天内理子の死体を見て拍手喝采しました。

夏油傑は信者達のこの様子をみて、強い憤りを感じたようでした。

この一件が夏油傑の価値観に大きな影響を与えたことが闇落ち理由のひとつになることは間違いありません。

夏油傑の闇落ち理由の九十九由基との会話とは?

夏油傑は九十九由基との会話を経て、「非術師を皆殺しにして術師だけの世界にしたらどうか」という考えを思いつきました。

盤星教の信者達による拍手の一件以降、夏油傑は命をかけてまで非術師を守ることに意味があるのかと思い悩むようになりました。

そんな中、夏油傑は九十九由基と出会います。

九十九由基は夏油傑に「呪霊の生まれない世界を作る」という構想の話をしました。

話のポイントは以下の2点です。

  • 呪霊は人間の負の感情が形を成した物
  • 術師から呪霊は生まれない

この話から夏油傑は「非術師を皆殺しにして術師だけの世界にしたらどうか」という考えを思いつきました。

参考元:呪術廻戦アニメ第29話

スポンサーリンク

夏油傑の闇落ち理由の田舎の村での術師虐待とは?

夏油傑が呪詛師となったきっかけは、田舎の村で村人を呪術で虐殺したからです。

夏油傑が村人を虐殺した理由は、村人が術師を虐待していたからです。

村人は村で起きる怪事件を術師のせいにしていたのです。

非術師を守るために命がけで呪霊と戦ってきた夏油傑にとって極めて心外だったはずです。

結果、憤りにかられた夏油傑は村人を虐殺し、呪術界から追放され呪詛師として認定されました。

その後、夏油傑は盤星教を乗っ取り、術師と呪霊とお金を集めてテログループを組織し闇落ちしました。

スポンサーリンク

夏油傑の闇落ち回避方法はある?

以下は私の個人的な仮説ですが、夏油傑が星漿体護衛任務についていなければ、もしかすると闇落ちは回避できたかもしれないと思います。

この件がなければ盤星教信者たちの拍手の件を目の当たりにすることはありませんでした。

盤星教信者の拍手の件で、夏油傑の「術師は非術師を守るためにある」という信念が揺らいでしまいます。

夏油傑の信念が揺らいでいなければ、九十九由基との会話を経ても「非術師を皆殺しにして術師だけの世界にしたらどうか」なんていう極端な考えには至らなかったのではないかと思います。

そして上記のような考えを持っていなければ、田舎村で術師虐待を目の当たりにしても、村人虐殺まではしなかったのではないかと思います。

スポンサーリンク

夏油傑の闇落ちしなかったらどうなった?

もし夏油傑の闇落ちしなかったら呪術界がかなり平和になっていたと思います。

夏油傑が闇落ちしていなければ呪術テロ「百鬼夜行」は起きなかったのではないでしょうか。

百鬼夜行が起きなければ五条悟が夏油傑を殺す展開もありません。

そして、もし夏油傑が死亡していなければ羂索が夏油傑の体を乗っ取ることもなかったと思われます。

羂索が夏油傑の体を乗っ取らなければ当然「渋谷事変」は起きなかったはずです。

夏油傑が闇落ちせずに術師を続けていれば、呪霊討伐を呪霊操術で操った呪霊に戦わせることができたので、術師の犠牲も少なかったのではないでしょうか。

以上のことから呪術界がかなり平和になっていたと思います。

スポンサーリンク

まとめ

「夏油傑の闇落ち理由はなぜ?回避方法やしなかったらどうなった?」を最後までご覧いただきありがとうございました。

夏油傑は高専時代に星漿体護衛任務に失敗。

星漿体「天内理子」を盤星教に雇われた禪院甚爾に殺されてしまいました。

「天内理子」の死体を見て笑顔で拍手する盤星教信者たちに憤りと困惑を覚えた夏油傑。

そんな中、夏油傑は九十九由基との会話を経て「非術師皆殺し」を思いつきました。

そして田舎村の怪事件調査任務で村人が術師を虐待しているのを目の当たりにし、夏油傑は村人を皆殺しにしました。

この一件で夏油傑は呪術高専に呪詛師として認定され追われ身となり闇落ちしてしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
シェアする
スポンサーリンク
エンタメ!噂や話題の理由はなぜかが気になる!!
スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.