マルスゼロの革命は原作が漫画や小説?監督や脚本家は誰?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
※本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。
マルスゼロの革命は原作が漫画や小説?監督や脚本家は誰? ドラマ

今期放送のドラマ「マルス-ゼロの革命-」は、なにわ男子の道枝駿佑さん主演の青春ドラマです。

道枝駿佑さんが演じる謎のカリスマ転校生”ゼロ”が、落ちこぼれ高校生たちと社会に反逆していくというストーリーです。

そんなドラマ「マルス-ゼロの革命-」の原作は漫画や小説なの?と気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はドラマ「マルス-ゼロの革命-」について以下のことをまとめてみました。

ということで「マルスゼロの革命は原作が漫画や小説?監督や脚本家は誰?」と題して記事をお届けしていきます。

スポンサーリンク

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」には原作がなく、完全オリジナルストーリーです。

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」とは、なにわ男子の道枝駿佑さんが主演のドラマです。

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」あらすじ
”道枝は落ちこぼれの高校生たちを「俺と一緒にこの世界をぶっ壊そう」と扇動していく19歳の謎の転校生・美島零を演じる。言葉巧みに高校生たちを操り、動画集団「マルス」を結成。大人が作った社会を壊し、そして再構築しようとする。”
引用:https://natalie.mu/music/news/550247

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」のストーリーから、原作は漫画にありそうな作品でしたが、完全オリジナルストーリーです。

完全オリジナルで描く本作は、道枝演じる謎多きカリスマ転校生《ゼロ》に導かれた落ちこぼれ高校生たちが令和の日本をぶっ壊し、大人社会に反旗を翻していく、新感覚青春ドラマ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0b4b05daba27e0fca509b80edb66f4f6b4e1c821

ということで、ドラマ「マルス-ゼロの革命-」には原作がなく、完全オリジナルストーリーでした。

スポンサーリンク

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」のタイトルの”マルス”の意味は、ローマ神話に登場する「戦いの神」です。

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」公式サイトに詳細が書かれていました。

「マルス」とは、ローマ神話やギリシャ神話に登場する《軍神》のこと。オオカミは「マルス」の《聖獣》であることから、それをモチーフとしたビジュアルになったのです!

https://www.tv-asahi.co.jp/mars/intro/

なにわ男子の道枝駿佑さんが演じるカリスマ高校生の美島零は「ゼロ」と呼ばれ、落ちこぼれ高校生たちを操り、動画集団「マルス」を結成し、社会に対して革命を起こしていくストーリーです。

この集団「マルス」の意味が、ローマ神話の”戦いの神”のことを指しているようです。

また、ドラマ「マルス-ゼロの革命-」のビジュアルには、主演の道枝駿佑さんの後ろにはオオカミが描かれています。

ということで、ドラマ「マルス-ゼロの革命-」の”マルス”の意味は、ローマ神話に登場する「戦いの神」でした。

スポンサーリンク

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」の監督は平川雄一朗さん、脚本家は武藤将吾さんです。

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」監督の平川雄一朗さんは、映画「ROOKIES」やドラマ「義母と娘のブルース」などで知られる演出家でもあります。

脚本家の武藤将吾さんは、映画「クローズZERO」やドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などで知られる人気脚本家です。

スポンサーリンク

平川雄一朗さんの主な監督・演出作品は以下の通りです。

ドラマ
世界の中心で、愛をさけぶ(2004年)
ROOKIES(2008年)
JIN-仁-(2009年・2011年)
義母と娘のブルース(2018年・2020年)
天国と地獄〜サイコな2人〜(2021年)

映画
ROOKIES〜卒業〜(2009年)
僕だけがいない街(2016年)
約束のネバーランド(2020年)
耳をすませば(2022年)

平川雄一朗さん監督・演出のドラマや映画ともに、有名な作品が多いですね。

武藤将吾さん脚本の主な作品は以下の通りです。

ドラマ
電車男(2005年)
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007年)
仮面ライダービルド(2017年)
3年A組-今から皆さんは、人質です-(2019年)

映画
クローズZERO(2007年)
クローズZERO II(2009年)
テルマエ・ロマエ(2012年)

武藤将吾さん脚本のドラマや映画も、ともに有名な作品が多いですね。

ということで、ドラマ「マルス-ゼロの革命-」の監督は平川雄一朗さん、脚本家は武藤将吾さんでした。

人気の監督や脚本家がタッグを組んだ今季のドラマ「マルス-ゼロの革命-」は、かなり期待できそうですね。

スポンサーリンク

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」の見どころは、完全オリジナルストーリーであり、視聴者に向けたメッセージ性があるかもしれないところです。

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」は完全オリジナルストーリーで原作がないため、結末が全くわかりません。

ネタバレなしで最後まで楽しむことができるところが魅力的ですね。

監督は平川雄一朗さん、脚本家は武藤将吾さんという人気のお二方のタッグということも、期待できるドラマなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

マルスゼロの革命の見どころで道枝駿佑のコメントは?

また、ドラマ「マルス-ゼロの革命-」主演のなにわ男子の道枝駿佑さんは、見どころについてこう語っています。

若者たちがSNSを使って世の中と戦っていくというのも、今だからこそ伝えられるメッセージのようなものが込められている作品なのかなと思いました。

https://www.tv-asahi.co.jp/mars/news/0001/

ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で脚本を手がけた武藤将吾さんなので、きっとさまざまなところにメッセージが散りばめられているのかもしれませんね。

また、道枝駿佑さんはアクションもハードだとおっしゃっていたので、そこも楽しみです。

ということで、ドラマ「マルス-ゼロの革命-」の見どころは、完全オリジナルストーリーであり、視聴者に向けたメッセージ性があるかもしれないところでした。

スポンサーリンク

「マルスゼロの革命は原作が漫画や小説?監督や脚本家は誰?」を最後までご覧いただきありがとうございました。

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」には原作がなく、完全オリジナルストーリーでした。

ドラマ「マルス-ゼロの革命-」の監督は平川雄一朗さん、脚本家は武藤将吾さんでした。

ヒット作を多数生み出したと平川雄一朗さんと武藤将吾さんのタッグ作品である、完全オリジナルストーリーのドラマ「マルス-ゼロの革命-」に期待が高まります。

放送が楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
シェアする
スポンサーリンク
エンタメ!噂や話題の理由はなぜかが気になる!!
スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.