VIVANTの製作費や撮影費用はどれくらい?日曜劇場のスポンサーは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
※本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。
VIVANTの製作費や撮影費用はどれくらい?日曜劇場のスポンサーは? (1) ドラマ

日曜劇場「VIVANT」が放送され話題になっています。

放送前の事前情報がほとんどなかったのですが日曜劇場「VIVANT(ヴィヴァン)」豪華キャストや海外ロケが行われていました。

視聴者も「すごいお金かかってそう」「製作費すごそう」といったことがネットでも言われています。

そこで今回は日曜劇場ドラマ「VIVIANT」について以下のことを調べてみました。

  • VIVANTの製作費や撮影費用はどれくらい?
  • VIVANT日曜劇場のスポンサーは?

ということを「VIVANTの製作費や撮影費用はどれくらい?日曜劇場のスポンサーは?」と題して記事をお届けしていきます。

スポンサーリンク

VIVANTの製作費や撮影費用はどれくらい?

日曜劇場ドラマ「VIVIANT」はモンゴルで2カ月半のロケ撮影が行われました。

地上波のドラマとしてはありえないことです。

キャストも豪華で出演料や海外ロケの撮影費用と製作費はとんでもないのではないかと言われています。

スポンサーリンク

VIVANTの製作費はどれくらい?

日曜劇場ドラマ「VIVIANT」の製作費は1話あたり1億円とも言われています。

日曜劇場の通常の製作費は4000万~5000万円くらいと言われているのでドラマ「VIVANT」の力の入れ具合がこれまでとは違うことがわかります。

おそらく全10話くらいとなるはずですので10億円という地上波ドラマでは考えられない製作費だということだそうです。

VIVANTの撮影費用はどれくらい?

ドラマ「VIVANT」は2カ月半のモンゴルでの撮影をしています。

約250名のスタッフとエキストラとラクダや馬など3000頭以上の動物。

そして1クール使用するのに500万円かかるカメラを3台使い画質にもこだわっているようです。

さらに日曜劇場アベンジャーズと言われている俳優陣の出演料などもすごいのではないでしょうか。

ちなみに同じ日曜劇場「半沢直樹」の時の堺雅人さんの出演料は1話500万円くらいと言われています。

スポンサーリンク

VIVANT日曜劇場の提供スポンサーは?

日曜劇場ドラマ「VIVANT」の提供スポンサーは花王、SUNTORY、NISSAY 、SUBARUの4社のメインスポンサーです。

他にもJR東海、にしたんクリニック、au、大東建託もCMが流れていました。

そしてTBSの配信サービスParaviが2023年7月から日本最大の配信サービスのU-NEXTに移管されました。

このことによりU-NEXTもスポンサーとなっているのではないでしょうか。

見逃し配信バナー

U-NEXTではParavi統合記念キャンペーン実施中で31日間無料トライアル実施中

日本最大の動画配信サービスU-NEXTではドラマ「VIVANT」はもちろん他のTBSやテレビ東京のドラマ・バラエティも楽しむことが出来るようになりました。

スポンサーリンク

まとめ

「VIVANTの製作費や撮影費用はどれくらい?日曜劇場のスポンサーは?」を最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は日曜劇場「VIVIANT」の製作費やスポンサーなどを調べてみました。

日曜劇場「VIVIANT」の製作費や撮影費用は公式にはされていませんでした。

しかし報道では日曜劇場「VIVIANT」の製作費はおそらく1話で1億円以上はかかっているのではないかということでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
シェアする
スポンサーリンク
エンタメ!噂や話題の理由はなぜかが気になる!!
スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.