キタニタツヤは東大主席卒業の天才?学部や学科サークルも調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
※本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。
キタニタツヤは東大主席卒業の天才?学部や学科サークルも調査! 音楽

2020年にソロ名義でメジャーデビューした、シンガーソングライターのキタニタツヤさん。

キタニタツヤさんは人気歌い手のサポートベーシストをはじめ、様々なアーティストとの音源制作でも活躍しています。

そんな人気急上昇中のキタニタツヤさんは東大卒で、しかも主席で卒業したとの噂があります。

そこで今回はキタニタツヤさんの東大時代について以下のことをまとめてみました。

  • キタニタツヤは東大主席卒業の天才?
  • キタニタツヤの東大の学部や学科サークルも調査!

ということで「キタニタツヤは東大主席卒業の天才?学部や学科サークルも調査!」と題して記事をお届けしていきます。

スポンサーリンク

キタニタツヤさんが東大を主席で卒業したかは、わかりませんでした。

しかし、キタニタツヤさんが東大出身ということは間違いなくとても優秀だったようです。

キタニタツヤさんは東京大学出身というだけでも才能がある天才のイメージですが、

  • 予備校などに通わず、現役で東大合格
  • 東大在学中は、ずっと特待生だった
  • 講義にはしっかりと出席し、興味のある分野の必要以上の単位を取得
  • 音楽活動を始め、ボカロPとしても活躍

という、素晴らしい天才エピソードがありました。

キタニタツヤさんの出身校を調べてみると、高校も学歴が高くて有名な進学校でした。

中学卒業後は、都立西高校へ進学。日比谷高校、国立高校と共に“都立御三家”と呼ばれる都内トップレベルの進学校だ。西高校を選んだ理由は、家から自転車で通えること、そして、校則のゆるさ。

https://dot.asahi.com/articles/-/39584?page=1

キタニタツヤさんはもともと、勉強ができる方なのですね。

ということでキタニタツヤさんは東大出身でしたが、主席で卒業したかはわかりませんでした。

しかし、とても優秀で、まさに天才と呼べる頭脳の持ち主でした。

スポンサーリンク

キタニタツヤさんの学部は東京大学文学部で、学科は思想文学学科(現:人文学科)です。

また、DTM作曲サークル「TOKYO COM」というサークルに所属していました。

思想文学学科(現:人文学科)の美学芸術学専修だったキタニタツヤさん。

美学は美とは何かを考える、哲学の中の一分野で勉強していたそうです。

“美学芸術学研究室”というのは、“美しさとは何だろう?”という視点で一次元上から芸術を見るようなところだったんですが、その他に哲学や世界史など、興味のある講義を幅広く取ってました。

https://dot.asahi.com/articles/-/39584?page=3

また、サークルでは「TOKYO COM」というDTM作曲サークルに所属していました。

DTM(Desk Top Music)とは
パソコンを使用して音楽を作成・編集する手法のこと。

ということで、キタニタツヤさんの学部は東京大学文学部で、学科は思想文学学科(現:人文学科)でした。

また、DTM作曲サークル「TOKYO COM」というサークルに所属し、勉強と音楽活動の両立をしていました。

スポンサーリンク

キタニタツヤさんは東大在学中に、こんにちは谷田さん」という名義でボカロPとして活躍していました。

「大学生になったら機材を買ってボカロPになるんだ」と思って、ボカロPになったと過去のインタビューで語っていたキタニタツヤさん。

ボーカロイド文化のファンだったということで、大学在学中は勉強と音楽の両立をして活動していました。

シンガーソングライターとしての活動を始めようと思ったきっかけも、そもそもボカロ名義で出していた“芥の部屋は錆色に沈む”という曲が初めて10万回再生されて、その曲のアコースティックアレンジの評判が意外とよかったから今の活動をやっているんです。

https://www.cinra.net/article/interview-202008-kitanitatsuya

シンガーソングライターとして活躍されているキタニタツヤさんですが、ボカロPとして活動していたことが、大きな糧となったようです。

その後、大学3年生のときに自ら音楽プロダクションに売り込みをかけ、東大卒業後にはバンド「sajou no hana」を結成しメジャーデビューします。

キタニタツヤさんは2020年に、ソロ名義でもメジャーデビューし活躍されています。

ということで、キタニタツヤさんは東大在学中にも、「こんにちは谷田さん」名義でボカロPとしても活躍されていました。

スポンサーリンク

キタニタツヤさんが東大に入った理由は、2つあります

  • 親戚に認めてもらうため
  • 親に負担をかけないようにするため

キタニタツヤさんは上記の理由で東大に進学しました。

東大には予備校なしで現役合格したキタニタツヤさん。

それだけでも天才的ですが、東大に進学を決めた理由もかなり特殊でした。

キタニタツヤさんが東大に進学した理由の1つめは、親戚に認めてもらうためです。

高校生のころにバンドに熱中していたというキタニタツヤさん。

プロになるか分からないけど音楽はやっていきたいと思っていたそうです。

しかし、親戚にそのことを話すと、微妙な反応をされてしまったそうです。

それで普段会っていない遠い親せきに「バントマンかー」って言われた時にちょっと嫌で、(中略)それなら履歴書で殴って黙らせるしかないなと(笑)。“履歴書パンチ”ということで勉強だけはちゃんとやっておこうと思い、東大に入りました。

https://www.fujitv-view.jp/article/post-480821/3/

キタニタツヤさんは「音楽をやっている」というだけでは、先入観からあまりよく思われなかったようですね。

そこで、しっかりした人間だと証明するために、何か1つでも功績があると良いと考え、勉強をしてきたというキタニタツヤさん。

そこで東大を受験し、見事、現役合格しています。

ということで、キタニタツヤさんがが東大に進学した理由の1つめは、親戚に認めてもらうためでした。

スポンサーリンク

キタニタツヤさんが東大に進学した理由の2つめは、親に負担をかけないようにするためです。

高校と同じく、大学に関しても親に負担をかけないようにするためだ。「家から通える国公立の大学はいくつかありましたけど、いずれにしても勉強しないと受からないので。予備校にも行けなかったし浪人もできそうになったから、かなりプレッシャーはありました

https://dot.asahi.com/articles/-/39584?page=2

キタニタツヤさんはなんと親孝行な方なのでしょうか。

予備校なしで、家から通える距離の大学だった東大に現役合格したとは、かなりの逸材ですね。

ということで、キタニタツヤさんが東大に進学した理由の2つめは、親に負担をかけないようにするためでした。

スポンサーリンク

「キタニタツヤは東大主席卒業の天才?学部や学科サークルも調査!」を最後までご覧いただきありがとうございました。

キタニタツヤさんが東大出身でしたが、主席で卒業したかはわかりませんでした。

しかしとても優秀だったようで、東大生時代はずっと特待生だったそうです。

キタニタツヤさんの学部は東京大学文学部で、学科は思想文学学科(現:人文学科)でした。

また、DTM作曲サークル「TOKYO COM」というサークルに所属し、勉強と音楽活動の両立をていました。

東大で学んだことをフルに活用して、現在もシンガーソングライターとして活躍しているキタニタツヤさん。

おしゃれでセンスの良い楽曲を手がけるキタニタツヤさんの、今後の活躍もとても楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽
シェアする
スポンサーリンク
エンタメ!噂や話題の理由はなぜかが気になる!!
スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.