由薫の星月夜の読み方や歌詞の意味は?作詞作曲は誰で評判は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
※本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。
由薫の星月夜の読み方や歌詞の意味は?作詞作曲は誰で評判は? 音楽

吉高由里子さん主演のドラマ「星降る夜に」の主題歌の由薫(ゆうか)さんの「星月夜」が素敵と話題になっています。

そんな由薫さんの「星月夜」ですがちょっと聞きなれない単語ですよね。

そこで今回は由薫さんの「星月夜」について以下のことを調べてみました。

  • 由薫さんの星月夜の読み方や意味は?
  • 由薫さんの星月夜の歌詞の意味は?
  • 由薫さんの星月夜の作詞作曲は誰?

ということを「由薫の星月夜の読み方や歌詞の意味は?作詞作曲は誰で評判は?」と題して記事をお届けしていきます。

スポンサーリンク

由薫の星月夜の読み方は?

ドラマ「星降る夜に」の主題歌の由薫さんの新曲「星月夜」の読み方はほしづきよです。

寂しげで透明感のある歌声の由薫さんの「星月夜」はドラマ「星降る夜に」にぴったりとはまっている曲といった声が多く上がっています。

スポンサーリンク

由薫の星月夜の意味は?

由薫さんの楽曲「星月夜」の意味には星の光が月のように明るい夜、星明かりの夜などの意味です。

有名な画家ゴッホの作品にも「星月夜」といったものがあります。

そして「星月夜」は秋の季語としても使われています。

秋の新月の時は月のないので「星月夜」が一番きれいだそうです。

ドラマ「星降る夜に」とはちょっと時期が違うようですが冬の星月夜も綺麗だと思います。

ちなみに冬は風があるので秋の「星月夜」のほうがいいようです。

スポンサーリンク

由薫の星月夜の歌詞の意味は?

由薫さんの「星月夜」の歌詞の意味は「みんな違っている。それを認める社会でいいんじゃないか」というメッセージがあることをReal Soundのインタビューで語っています。

それが一人ひとりの名前を輝く星に照らしあわせて歌詞を書かれたことをインスタグラムで語られています。

星を見上げる『星降る夜に』の登場人物たちを思い浮かべながら、”名前”って満天の星のようだなと思いました。”名前”には人の数だけ願いや思いがこもっていて、そして呼ぶたびに、呼ばれるたびに馴染んでいって深まっていくものだと思います。たくさんの星の中で、あなたにとって特に強い輝きを持つものがあるなら、ぜひそれを大切に思い浮かべながら聴いてほしいです。

引用元:https://www.instagram.com/p/Cmn2D-Epe-k/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading

由薫さんの「星月夜」は元々は英語の曲だったそうです。

しかしドラマ「星降る夜に」のプロデューサーから「日本語の歌詞にすることができますか?」と言われ日本語の歌詞をイチから書き直したのが「星月夜」です。

その時にドラマの台本や企画書からイメージし作られた曲だそうです。

由薫:とにかくドラマの企画書に大変感動しまして。

読んでいてすごく素敵なメッセージが書いてあったんですよ。

それこそ『星降る夜に』で北村匠海さん演じる柊一星は、生まれつき聴覚を持たない青年。

とはいえドラマを観ても、聴覚を持たないことの重さは感じにくいと思うんですよね。

――情報としては受け入れられるけど、それがどういう感覚なのかは分からないですよね。

由薫:それが悪いわけじゃなくて。「みんな違うのが、世の中で当たり前になってもいいんじゃないか」ということが企画書に書いてありました。

人の数だけ、当然いろんな思いがある。

今の時代のドラマってそういうことを当たり前に描くべきなんじゃないか、と。

とにかく強い意志を感じる企画書で、なんて素敵なんだと思って。

登場人物それぞれが違うので、楽曲もそれぞれが聴いてくださった時に、ちゃんとその人に合うような曲にしたかったんです。

自分一人の身から出ただけではなくて、ドラマや企画書のそういう思いを受け取ってイメージが膨らんでいきましたね。

引用元:https://realsound.jp/2023/02/post-1253169_2.html

由薫さんの「星月夜」とドラマ「星降る夜に」がぴったりはまっているのはドラマの内容をイメージして書かれた歌詞だったからなんですね。

スポンサーリンク

由薫の星月夜の作詞作曲は誰?

由薫さんの「星月夜」はONE OK ROCKのToruさんプロデュースの楽曲です。

「星月夜」の作曲はToruさんで作詞が由薫さんになります。

ちなみにデビュー曲でもある「lullaby」もONE OK ROCKのギタリストのToruさんがプロデュースされています。

スポンサーリンク

由薫の星月夜の評判は?

ドラマ「星降る夜に」の主題歌の由薫さんの「星月夜」は2月8日に配信リリースされました。

そして2月15日発表のオリコン週間デジタルシングルランキングで初週15330ダウンロードを記録し初登場1位を獲得しました。

ツイッターでも評判はいいようです。

スポンサーリンク

まとめ

「由薫の星月夜の読み方や歌詞の意味は?作詞作曲は誰で評判は?」を最後までご覧いただきありがとうございました。

今回はドラマ「星降る夜に」の主題歌を務める由薫さんの「星月夜」について調べてきました。

由薫さんの「星月夜」の読み方は「ほしづきよ」でした。

歌詞はドラマの内容の台本や企画書から由薫さんがイチから書き直したもので「みんな違うのが、世の中で当たり前になってもいいんじゃないか」というメッセージと意味が込められたものでした。

メジャーデビューしてまだ1年も経っていないのに映画やドラマの主題歌も務める由薫さん!

今後の活躍も楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽
シェアする
スポンサーリンク
エンタメ!噂や話題の理由はなぜかが気になる!!
スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.